International Open Data Day 2014 に関連するイベント - その3 (2/22)

2014/07/08 21:43 に Fumiko Kurano が投稿   [ 2014/07/08 21:45 に更新しました ]
International Open Data Day 2014 in 京都のイベント本番となりました。
この2/16の日は、京都リサーチパーク町家スタジオが会場となり、会場を中心としたデータ作る会となりました。


インターナショナル・オープンデータ・デイ 2014 in 京都
日時:2013年2月22日(土)10時〜18時
場所:京都リサーチパーク町家スタジオ
住所:京都市上京区福大明神町128
http://www.krp.co.jp/machiya/access.html
         京都リサーチパーク町家スタジオ

参加者:市民、自治体関係者、企業関係者、大学・教育機関
定員:50名程度 
参加費:無料
主催:
 京都オープンデータ実践会
 GDG京都
 株式会社ATR Creative

後援:
 京都リサーチパーク株式会社
 総務省近畿総合通信局
 オープンデータ流通推進コンソーシアム



当日のアジェンダです。
イベントのfacebookの内容を引用させていただいています。

10:00~10:05 オープニング
10:05~10:25 講演:「水と京都の文化・歴史」について( カッパ研究会代表鈴木さん)
10:25~10:45 説明:「wikipediaタウン」の進め方について
10:45~11:05 説明:「OpenStreetMap(OSM)マッピングパーティー」の進め方について
11:05~12:30 チームに分かれて、まちあるき現地調査 
対象地:一条戻り橋、堀川団地、花街「五番町」など
12:30~13:30 昼休憩
13:30~15:00 チームに分かれて、会場にてオープンデータ作成作業
15:00~17:00 各チーム成果発表~



イベントレポート

当日は、一条戻り橋、堀川団地、花街「五番町」3チームに別れて、フィールドワークを行いました。
その後、会場に戻り、Wikipedeiaタウン、マッピングを行い、各グループの発表となりました。
当日は40名以上の参加者があり、大変大きなイベントとなりました。
今回は、上記の様々な会社様、団体様、府立図書館、府立資料館の方々にも御協力のもと成功した
イベントでした。

また海外からは、オープデータの活動をされている参加者もあり、そのレポートも紹介されています。


当日のつぶやきのまとめもまとめています。
日本全体のまとめはこちら。



Comments